Contexte de langue japonaise (version japonaise)

このページはフランス語の定冠詞に関する一般説明のページを補足するページです。そのページを先に御覧ください。

フランス語版 (version française)

日本語におけるフランス語の定冠詞に当たる表現

日本語には冠詞がない。どの名詞もあらゆるコンテクストにおいて限定的か不定的な意味をもてる。日本のフランス語文法書はarticle définiを「定冠詞」という。日本語には冠詞の様々な種類や形態の使い分けの判断をする良いヒントがないので、日本人学習者は普段名詞の前に冠詞を置くことをよく忘れる。下記の典型的な例を挙げる:

J’aime chats (正しくは : J’aime les chats) / 私は猫が好きだ。

■ ランス語の定冠詞に当たる日本語の文法項目のうち次の例に注目する:

– 指示詞「その~」(フランス語の定冠詞もラテン語の指示詞に由来する)。例えば、

 J’ai vu un chien. Le chien errait dans le parc. / 犬を見た。その犬は公園をさまよっていた。

– 「~というもの」か「~そのもの」という表現(実はわざとらしい和訳になるので、あまり使わない)。例えば、

L’art, c’est la vie (même). / 芸術(というもの)は人生(そのもの)だ。

■ 授業においては不定冠詞より定冠詞のほうを使う場合の例を時折挙げる。下記でA1/A2レベルにふさわしい例をいくつも挙げる。

– 国名 :

La France et le Japon sont des pays magnifiques / フランスも日本もとても美しい国だ。

–  学科名 :

J’apprends l’histoire et la géographie. / 私は歴史と地理を学んでいる。

–  言語名 :

Ma langue maternelle est le japonais. / 私の母国語は日本語だ。

  けれども、« parler » の目的語として使われた言語の名前には定冠詞がついてもつかなくてもいい :

Vous parlez (l’) anglais ? / 英語ができますか。

– 住民の呼称(複数形):

Les Japonais mangent du riz à tous les repas. / 日本人は三食ともご飯を食べる。

– 抽象名詞 :

la Statue de la liberté / 自由の女神像

–  « avoir » とともに使った体の一部分を表す名詞 (身体描写):

Ma sœur a les yeux bleus. / 妹は目が青い。

また、その他の動詞の目的語として使われた身体のある部分を表す名詞 :

Je me suis rasé la barbe. / 私は髭を剃った。
Ferme les yeux ! / 目を閉じて。

– 好みを表す動詞(aimer, détester, adorer) の目的語として使われた名詞 :

Je n’aime pas le chocolat amer. / 私は苦いチョコレートが嫌いだ。

– 習慣を表す表現(曜日名) :

J’ai cours aussi le(s) samedi(s). / 毎週土曜日にも授業がある。

 

Franck Delbarre / / デルバール・フランク


La GRAC » Contenu contextualisé » L’histoire continue – les sens de l’article défini (japonais / japonais)
Version 1.0 (11/2017) • Commenter ou contribuer
Licence Creative Commons